TANDEN

いつからだっただろうか、右足のつけねをかばって歩くようになり、平衡とはなんなのか、わからなくなっていった。 複数のせみが鳴きわめく、暑くて風通しの良い寺の近くの公園で、そのことを考えていた。 ものごこ …

Continue Reading