ジャンプ

連続性を伴う生命が、ときに進化のすきまをくぐり抜けて命の空白を飛び越えることがある。

それが起こるときはその場にいる人全員がわかるものだ。

指数関数的にみえるその進化は断絶している。

飛行機が離陸して安定圏に達するときのように、そこには大きなエネルギーが必要になり、1人では飛び越えられない。

運命の方向性を変えるべきその瞬間を、意識的か無意識的か捉えている人は、その場にいる人たちのリソースを借り、目の前で奇跡を起こす。