眠りの力

1人の力で100人分の仕事をこなそうとするとき、脳の通常の使用方法では限界があるだろう。

あらゆる必要データをマシンラーニングし、ご飯をたくさん食べ、データと電力を蓄えたら、あとは睡眠し、バックグラウンドプロセスで情報を処理する。

手のひらで、眼球の裏で物事をとらえる。

肌はセンサーで、衣服や毛の小さな変化を捉えている。

他人の脳も借り、時には道端の猫の力も借りて並列処理をしながら、暗号解読は進んでいく。