勝利の責任

勝者として生まれてしまうと、常に誰かに挑戦されてしまうのかもしれない。

チャレンジャーとして生まれたものは気楽かもしれない。

挑戦者として鍛錬した末に盃を手にしたとき、勝利と敗北は表裏一体であることに気づく。