統計的に確率を高めるのが経営におけるサイエンスだとしたら、

まったく起こりそうにないことを引き起こすのは経営におけるアートであろう。

めったに起こらないことを日常的に引き起こすということは、まるで時間を縮める魔力をつかうかのような振る舞いだ。

めったに起こらないことのなかには、起こしたいことと、起こしたくないことがあるはずだ。

どう思っていようとも、起こしたくない確率の低いことと、起こしたい確率の低いことは同時に起こる。

意図的にこれを選択することは不可能だ。

万が一を可能にする力を使うには、その代償を保障する能力が必要だ。