無言の承諾

人は無意識の意思決定をして、移動することを決める。

たとえタクシーの運転手が運転していたとしても、指示者の意思決定により、道順が決まる。

人は無意識の意思決定により、転居や会社の移動を決める。

人は無意識の意思決定により、怪我や病気を選ぶのか?

それは誰との約束なのだろうか?

それは相手かもしれないし、自分かもしれない。

かならずなにかの決断をして、慣性の外側の意思決定をしているに違いない。

重要な意思決定をするとき、人は子どものころの自分を利用する。

言葉で語らずとも、そこには無言の合意と共鳴が存在している。