サーチライト

寝る前にそっと深呼吸し、鼓動を聴きながら、頭の中心の方をさぐってみる。そこには止まった記憶や、滞った感情がおきざりにされているかもしれない。

外の世界とフィルターをかけてしまったひとつひとつの壁を丁寧に、鍵をあけていく。

ひとつ一つのポートを丁寧に検索する。そして、何層にも別れた信頼の壁の奥の奥のほうまで行ってみる。

些細な刺激によって傷ついてしまった小さな灯火がそこにあるだろう。その微かで強い生命とそっとおしゃべりをして、そして束の間の眠りにつくのだ。