新しい眠り

夢の中で過去の話と未来の話が語られ、朝目が覚める瞬間、おなかの奥や肺の奥がすーっと力が抜けているのを感じる。

猫が寝起きに大きな伸びをするような、そんな気持ちのよさ。

そして、頭は空っぽになったかのように力が抜け、目の焦点もあわない。

頭蓋骨の中身全体がよくかき混ぜられて風になびいているような

脳幹がすーっと、花のように重力を感じながら咲いている。

全身に電力と磁力と重力が一体化されたかのような、新しい境地の眠りだ。