TANDEN

いつからだっただろうか、右足のつけねをかばって歩くようになり、平衡とはなんなのか、わからなくなっていった。 複数のせみが鳴きわめく、暑くて風通しの良い寺の近くの公園で、そのことを考えていた。 ものごこ …

Continue Reading

統計的に確率を高めるのが経営におけるサイエンスだとしたら、 まったく起こりそうにないことを引き起こすのは経営におけるアートであろう。 めったに起こらないことを日常的に引き起こすということは、まるで時間 …

Continue Reading

朝の衝動

にわとりは、なぜコケコッコーと鳴いてしまうのだろうか。 誰かが喜ぶからとか、かっこいいからとか、お金がもらえるからとか、とってつけた理由はそこにはないだろう。 朝が来て、日が昇り、あたりが明るくなって …

Continue Reading