例えていうならば花束の裏側の真意。 その一輪は激しい生存競争に打ち勝つため、隣の生き物の根を侵食してきた花びらではないか。 もっとも泥臭く、もっとも残忍な過程を、バラ色の成果で彩るという小手先のテクニ …

Continue Reading

Air

ときおり、誰に語りかけているのかわからなくなる時間帯がある。 相手なのか、自分なのか、壁なのか、地面なのか、 音を自然にコントロールするのだが、届けているさきは少し裏側のチャンネルのようなそんな感じだ …

Continue Reading