Stay hungry, stay foolish. 死を意識すると人は強くなる

スティーブジョブズがスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチで、

 

「the only way to do great work is to love what you do」という言葉があります。

「素晴らしい成果をあげるためのたった一つの方法は今目の前で取り組んでいる仕事を愛することだ」

という意味になるでしょうか。

 

 

本当に大好きなものは全身が知っている

冒頭の文章にはこう続きます。

the only way to do great work is to love what you do.

If you haven’t found it yet, keep looking, and don’t settle.(もしあなたが愛すべき仕事を見つけていなくても、探し続けなさい。立ち止まってはいけない。)

As with all matters of the heart, you’ll know when you find it,(愛すべき仕事に出会ったとき、それは心でわかる。全身でわかる。)

and like any great relationship it just gets better and better as the years roll on.(そしてそれは年を重ねるごとによりいっそう、愛おしくなる。)

So keep looking. Don’t settle(だから、探し続けなさい。立ち止まってはいけない。)

 

死の意識

スティーブジョブズのスピーチには一貫して、死生観が現れていると思います。

My third story is about death.

When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.” It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

明日死ぬとしたら今日やっていることは本当にやるべきことなのか?

このような問いを立てることはパフォーマンスアップに必要なだということがスポーツの世界では科学的にも解明されています。
He Dies, He Scores: Evidence That Reminders of Death Motivate Improved Performance in Basketball

少年ジャンプの主人公が死にかけて強くなるというのは鉄板の設定ですよね。
人は死を明確に意識した時に、不死を目指すのかもしれません。(伝説になったり、語り継がれる存在を目指す)

Stay hungry, stay foolish

周りから見たら、無鉄砲に見えて危なげなのに、いつも熱中している。

そんなHungryでFoolishなヤツになるためには、めちゃくちゃ好きなことを見つけるといいよ。
寝る間も惜しんで没頭したくなるような、常にハングリーになれるようなことを見つけたら、本当に楽しいよ。
というメッセージなのでしょう。
好きという衝動で動くスティーブジョブズはきっと、家族愛と仲間愛に溢れた人物だったに違いありませんね!