Letters

なぜそれが好きだったのか、その理由が全く思え出せない。音が、メロディが、とにかく記憶のトリガーになっている。

もしかしたら過去の記憶なのかもしれないが、ひょっとしたら未来の記憶なのかもしれない。

記憶は空間をまたがって繋がっている。長い時間が経過した後でないと腑に落ちない記憶もある。

記憶というカテゴリーというよりは、本能というらせんに刻まれている。

そこに至るまでの道には幾重にも暗号化された層が存在する。

復号する確率は奇跡に近く、針の穴を幾度も通る必要がある。

360度四方八方から襲い来る信号に対して、確実な順番で身をかわし、心を翻す必要性がある。

脳みその中の電流をぐるぐると回し、そして脳の内へ外へ、じゅんぐりを回すような感覚だ。

しかしそれは起こる。

パンドラに賞味期限はない。

その秘密は誰のための秘密なのだろうか。

いったいどこに転がっているのだろうか。

喪失した本能を頼りに、今日も息を吸い込む。