例えていうならば花束の裏側の真意。

その一輪は激しい生存競争に打ち勝つため、隣の生き物の根を侵食してきた花びらではないか。

もっとも泥臭く、もっとも残忍な過程を、バラ色の成果で彩るという小手先のテクニックが、案外心を打つようなことが多いのだ。

後悔と懺悔と恐怖と狂気をその種に閉ざしながら、今日もその一輪は人の瞳の奥を覗き込むのだ。