真夜中の冷蔵庫

小さい頃、真夜中の冷蔵庫が妙に気になった。

普段はまったく気にも止めないのに、ずっと、うーっという音を出している。

ときおり、ミシッという音までする。

誰かいるのかと思って布団にもぐったり、近くに行って確かめたりもする。

でもいつも誰もなにもいない。

もしかしたら眠りにつく寝ぼけた体が夢遊病のように動き回っているのかも。

1日の中で使いこなせなかった感情やエネルギーが、行き場を失って暴れているのかも。

真夜中の謎は深まるばかり。