Barnett Newman

くいしんぼうモンスター

その怪獣は小さな体にもかかわらず、大きな口をあけてスパゲティを頬張る。

口の中がスパゲティでいっぱいなのに、チャーハンもかきこむ。

その怪獣はなんでも食べる。

チーズケーキも、コーヒーも食べる。

綺麗なお月様も、雨で濡れたマンホールも、もやもやしたお兄さんの悩みも、イライラしたお姉さんの焦りも食べる。

救急車も、消防車も、パトカーも、クレーン車も食べる。

食べて味わって、ぐっすり眠る。

味わうのが大切だと言わんばかりに、真顔で食べる。

食べた後に特になんの感想も言わない。

ただただ、うなずく。

 

そしてみんなが静まり返った夜遅く、夢の中で食べたものをもう一度味わい尽くす。

全身が至福で満たされる。

消防車とスパゲティが絡み合う。

そうして味わいつくして、空っぽになる。