さざなみ

5日前に弓なりに曲がっていた三日月は、毎日毎日、せっせとふくらみ、

今日の夜の月はあと一歩で満月というところだ。

 

毎日毎日、お月様は一生懸命にふくらみ、ぼんやりと輝いている。

今夜の月はうっすらと雲のベールに包まれ、かがり火のように揺らめいている。

ものすごく遠くにあるのか、はたまた近くにあるのかわからない。いくつかに重なってぼやけているようにも見える。

 

このまま毎日大きくなると、そのうち饅頭のようにぶくぶく太っていくのだろうか?

いやきっと、そんなことはない。満月になったあとはまた、徐々に三日月に戻っていくのだろう。

 

なぜ月はいつも大きくなったり小さくなったり、時にはビルの谷間でかくれんぼをしたり、いつも粛々と光っているのだろうか。

 

生まれた意味は、今、動く意味は、動いているその人自身がまったく気づかないほど、規則性に満ち溢れ、

そして必ず目的を果たそうと大きな力に揺り動かされるのだ。

つかのまの抵抗でその力をコントロールできた気分になるのは簡単だ。

 

しかし、生物は単体で存在することができず、時代は一人によって作られることはない。

 

それはまるで大きな波のようであるが、さざなみのように捉えがたい。

人はその波に乗るのか?それとも波に飲まれおぼれてしまうのだろうか?